上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
060707_184032_M.jpg

"UN-CONTROL→24"@新宿MARZ
1.マヒルノ
2.miaou
3.the primrose
4.nano machine
5.tonebunk

***

この日は轟音キラキラなバンドが揃っていて
かなりな祭りだと浮かれていたんですが、
終わって自分の中に残った感想は、それほどのものでもなく。
改めて、イベントって難しいなと思いました。


トップはマヒルノ
いや、メンツから言って妥当ですけどね。この出演順は。
でも、このイベントを知った時、この出演陣の中にマヒルノっていうのが
とっても嬉しかったんですよ。個人的に。
だからこそ、敢えて挑戦してほしかった。
私だったら2番目ないし3番目にガツンとぶつける。じゃなきゃ意味がない。
実際色々難しいとは思いますが。。。

遅れて1曲目の途中でフロアに到着すると、人が全然いない!!!
あそこまで空いてるMARZは初めてでした。
最高に居心地が悪く、どうにも入り込めず。
ライヴ自体も、前回のERAのような思わずガッツポーズしたくなる瞬間には出逢えず。
自分が悪かったのかもしれないけど、不完全燃焼。

気を取り直してmiaou
余談ですが、ここの所ずっと仕事が終わって家に帰るまでの約1時間のBGMは
彼らの2nd Album「MAKE THESE THINGS ALRIGHT」でした。
キラキラした音に飲まれると、疲れが少しだけ消えていくような気がするんです。
(ちなみに通勤時のBGMはPEALOUTでパワー注入。7月だしね。)

1曲目から"future pavilion"。そして"dante"!
"dante"は私の中のベスト10に入るキラーチューンなのです。
もっともったいぶって最後の方に演っても良いんじゃないかと思う位。笑
しかし、この日は全体的に音がうーん…な感じだったのが残念でした。
しばらくライヴ無いのが残念な限りですが、9月頃には待望の新譜が出るそうで楽しみです。
早くまたライヴ観たいなー。

三番手はthe primrose
ライヴ観るのは初めてでした。(リハの音漏れ聴いたことはあり)
期待しすぎていたせいか、そこまでは来ず。
あと、セッティングにあまりにも時間がかかっていたのは一体何故なんでしょう…?
一人で待つ身には辛かったです。冷房もきつかったので余計に。

続いてnano machine
うーん。。。前に観た時の方が好きだったかも。。。

この時点で既に疲労はピークに。
転換もスムーズではなく、似たような音のバンドが続いて、
一週間の疲れがどっと出て帰りたい気持ちでいっぱいに。
しかし、tonebunk観たさで何とか耐える。

そしてトリはtonebunk
恥ずかしながら予備知識ゼロだった為、どんなバンドなのかすら全く分からず。
マヒルノメンバーより"全然ライヴをやらないらしい"という情報だけゲット。

で、どんなもんかなーと一番後ろで観ていたら、これが!!!
やー、好きです。はい。
ギターとか轟音なんだけど、全体的にローファイで。
無理矢理例えるならカムバックを初めて観た時の感覚に似てるかも。
緩すぎず(ここ重要)、普遍的なポップなメロディーで。
weezerとかも思い出してみたり。

日本詞の曲("Tomorrow")だけ少し違和感あったような気がしたけど、
その次に演った曲とかやばかった。
あれだけ疲れきってたはずなのに、終始踊ってました。
てか、疲れなんかいつの間にか消えてた。
スペースある所に移動したのも良かったのかもしれません。

音源買おうと思ったけど、全部終わったら時間がえらいことになっていたので断念。
そんなこんなで結果的には上がって終われたので、それで良しかなと。
イベントを企画する側として色々考えさせられた一日でした。
(とか偉そうなこと書いてすみません)

tonebunk、また観たいなぁ。
スポンサーサイト
              
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
---------- [ 編集]* * 11/24, 21:02 -----
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://happypiece.blog22.fc2.com/tb.php/126-c7d9017a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。