上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
060320_182541_M.jpg

cosmicgirl presents"who pulls you through"@新宿Motion
1.FEE
2.REGENTSLIM
3.wooderd chiarie
4.CREAM PUFF NOIDE
5.about tess

***

久しぶりに更新でもしてみます。
とは言っても、3月…。(※ちなみに現在は5月末)
正直記憶が曖昧すぎますが、一応自分の記録用に残しておきます。
ここまで遡ればきっと見てる人もほぼいないだろうし。

この日はお友達のゆずちゃん&マドカちゃんの初企画でした。



一番手のFEEは、ノリノリなパーティーチューンを次々と繰り出し会場を盛り上げる。
イベントのトップバッターとしての役割を十二分に果たしていた印象。
恥ずかしくなってしまうぐらいに真っ直ぐな音と唄に最初は戸惑いもあったけれど、
最後の方はすっかり惹き付けられていました。

REGENTSLIMのライヴを観るのはこれで二回目。
初めて観た時は音源とのあまりの違いにショックを受けたのですが、
前回の教訓(?)を生かし、全く別のものとして捉えたらかなり楽しむ事ができました。
ライヴ自体も、前回より格段に良かった気がします。

三番手にwooderd chiarie
この日のライヴはとても良かったです。
ここだけの話、個人的にMotionの音があまり合わなくて苦手なのですが、
そんな苦手意識を全く感じさせない、非常に良いライヴでした。
やっぱり彼らが本当に好きだ、というのを再確認しました。
ちなみにwooderd chiaireだけでなく、この日はどのバンドも音のストレスが少なかったです。

CREAM PUFF NOIDEも、何だかんだでライヴを観るのは初めて。
これが、かなり良かったです。
メロディーと轟音ギター具合がとても好み。
しかし、ツボだったギターさんはサポートだったそうで、この後バンドを離れてしまったとか。。。
新しく"puff noide"として生まれ変わった彼らも、また機会があれば観てみたいです。

トリはabout tess
何気にMARZ以外で彼らを観るのは初めてな気がします。
じわじわと広がり変化していくミニマルミュージックがもどかしくも心地良い。
イベントのトリを飾るべく、さすがの演奏でした。

イベント全体通して、色んなカラーのバンドが良いバランスで集まっていて、
飽きることなく5バンド全て楽しむことが出来ました。
どのバンドもそれぞれ違った魅力を持っていて、尚且つライヴの実力も伴っていて、
曲がりなりにもイベンターという視点から見て、色々と刺激を受けました。

ゆずちゃん、マドカちゃん、お疲れ様でした。
お世辞抜きで、本当に良いイベントでした。
素敵な夜をありがとう。
スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://happypiece.blog22.fc2.com/tb.php/65-c2135e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。