FC2ブログ
        
    
          
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
050920_183602_M.jpg

今日は下↓にも書いた通り、スクイズメンとpapa's milkを観に
新宿LOFTへ行ってきました。
珍しく、その日のうちに記しておきたいと思って。
感じた事を書き留めるだけなので、あくまでもレポではありませんのでご了承を。

というか。

本当に、私はスクイズメンが好きなのだなぁと思った。
ヴォーカルが大きすぎたり、ドラムとギターが微妙にずれてたり、
そんな瞬間もあったけれど。そんなんじゃない。
届くか届かないか。
それが一番大事なことなんだと思う。

あまりにそれは私に響きすぎて、感情が溢れかえった。
「ゴルゴダ」のイントロで、何か糸がふっと切れたように涙が流れ落ちた。

ここまで心を掻き乱す音楽を、私は他に知らない。
だから私はスクイズメンが好きなんだろうなと思う。

「ELECTROEYE」「ポピュラス」と来て、いきなり3曲目に「モノラル」。
…本当にずるい。
この曲を聴いて胸が締め付けられない人がいるのだろうか?
そしてそこからゴルゴダだなんて。そりゃ泣くさ。笑
ラストの「a.k.a.」まで、あっという間だった。

目の前のステージを見つめながら、
“スクイズメンのいる時代に生まれて良かった”なんて事を漠然と思った。
言葉にすると照れくさいけど、でも、本当にそう思ったのだ。
彼らの音に直で触れる事が出来るなんて、一体どれだけ幸せなことだろう?

心の奥底にある何かをギュッと強く掴んで離さない。
そういう音楽。だと思う。
今日また新たに彼らに出逢ってくれた人がいたならいいな。

papa's milkは2ヶ月ぶりに観た。
今年に入って一番定期的に観てたバンドかもしれないので、こんなに間が空くのは初めて。
ヴォーカルの杉田さんがちょっと固かったのが残念だったけど、やっぱり「ヒマワリ」は名曲。
あのイントロのジャーン!で、視界がぶわっと開けていく気がする。
11月にはまた自主企画があるそうなので、楽しみです。

とにかくスクイズメンに持っていかれてしまって、
その後は速やかにLOFTを背にした。
他の音が入る余裕なんてなかった。

でも、もっと行けるのも知ってる。
だから何度でも足を運ぶんだろうな。

次のスクイズメンは、『進化前夜』@十三ファンダンゴです。
私はスタッフとして参加しますが、ライヴ中はスタッフを捨てます。(おい)
ファンダンゴで観るスクイズメンが世界で一番好きだから。
そしてまたあの音世界に感情が昂ぶることを今から想像するのです。
スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

    
トラックバック
トラックバックURL
→http://happypiece.blog22.fc2.com/tb.php/8-dd9eaa11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。